ギャラリー
  • HOME »
  • ギャラリー

第36回 八王子市卓球選手権大会

大会前には、役員が八王子市教育委員会のスポーツ担当部より、コロナ対策の最新アドバイスを頂きました。

607名という多くの参加者が午前9時の開館と同時に一斉に入場。入館にはスタッフが人数制限をしながら誘導・・・
“密防止に全力投球”

“健診票の提出”
一週間の健診チェックリストの提出と検温チェックを受付で・・・役員も参加者も大分慣れて手際良くなりました。

“相変わらず、参加者の確認はホワイトボードで“
今回もコロナ対策の為、対面での参加確認ではなく、貼付けた組合せ表に参加者が自ら○印を・・・

入賞者へ贈られる、「市長杯」「教育長杯」「読売新聞社楯」「ニッタク楯・賞品」「タマス賞品」豪華に並ぶ。

萩生田光一経済産業大臣の横で開会の挨拶をする対間康久会長。
「大変お忙しい中で、萩生田光一経済産業大臣のご列席を頂き、また607名もの多くの方々に参加して頂き、主催者として喜びに堪えません。
いろいろと、コロナ対策のため、制約がありますが、規則を遵守した上で頑張って下さい。」

ご来賓の萩生田光一経済産業大臣より、ご挨拶を頂く。
「多くの選手が参加し、盛大な大会が開催出来ます事をお慶び申し上げます。選手の皆さんは、是非頑張って下さい。コロナ禍の中での大会開催に尽力されている大会役員の皆様に心より、敬意を表します。今後も活発な運営を期待しています。」

開会式に望む大会役員の皆さん。

対間会長より、ご来賓の皆様を紹介。
右隣から・・・
駒沢広行 八王子市副市長
安間英潮 八王子市教育長
伊藤祥広 都議会議員
馬場貴大 市議会議員
志萱龍一郎 教育委員会・スポーツ担当部長

女子セブンティ
粂川せつ子選手(相模原ベテラン会)が、準優勝の堀信子選手(八王子ひまわり)を破り、2年ぶり2度目の優勝。
3位 山畑愛子選手(青梅クラブ)高野富美代選手(卓ッキーズ)

男子セブンティ
渡辺元和選手(卓伸会)が3年ぶり4度目の優勝!
決勝で、小巻昭彦選手(GLクラブ)に熱戦の末勝利・・・

女子ホープスB
神沢瑞希選手(偉関TTL)が、原澤有里佳選手(薄根卓球)を熱戦の末、勝利し優勝した。

男子シックスティ
金本啓二選手(市原クラブ)が連覇を達成!
決勝で、木梨博和選手(ゴルベデ)を熱戦の末勝利し、2連覇を達成・・・

男子ホープスB
野々山瑛二郎選手(卓球技塾)が決勝戦で、吉岡良選手(マイダス)との熱戦を制し、優勝・・・

男子フィフティ
決勝戦は、菊地浩彰選手(つばさクラブ)が、竹内賢治選手(府中キララ卓球クラブ)に勝利し、優勝・・・

女子ホープスA
優勝した、吉住誌允選手(偉関TTL)と準優勝の、原澤杏佳選手(薄根卓球)の熱戦

カデット女子
赤嶺登愛選手(うだ卓)が、準優勝の山本ゆりあ選手(卓球技塾)を激戦の末に破り優勝。
女子で参加者が一番多い種目の優勝者である赤嶺選手には、読売新聞社楯が贈呈された。

男子ホープスA
2年ぶり2度目の優勝を飾った、長本有生選手(早実キッズ) ※手前側

一般女子
向側は優勝した、狩野琴春選手(K&Mジュニア)と、徳島柚葉選手(太洋歯科)の白熱した決勝戦。
狩野琴春選手には、一般女子の優勝者に贈られる、教育長賞トロフィーが授与さ れた。

女子フォーティ
優勝した、平本孝子選手(ヒノクラブ)が、準決勝リーグで昨年優勝の田邊さおり選手(卓ッキーズ)を下し、決勝に進出・・・
決勝戦はヒノクラブの同志うちに・・・ 平本孝子選手 ②-0 岡崎真澄選手

男子フォーティ
兄弟対決は弟に軍配が!
4年ぶり2度目の優勝を目指した兄の阿部雅展選手(E’s)は、決勝で弟の、裕展選手(E’s)と熱戦を展開したが、勝利の女神は弟に・・・
阿部裕展選手は初優勝。

カデット男子
今大会で最多の128名という参加者が集うカデット男子は、松本來斗選手(宮上中学校)が、直井健一郎選手(マイダス)を破り、見事に優勝・・・
男子で一番参加者が多い種目の優勝者に贈られる、読売新聞社賞が贈呈された。

ジュニア男子
近藤凱誉選手(近藤クラブ)が同じクラブの、黄塚結空選手(前回のカデット優勝者)を破り、優勝・・・

女子フィフティ
出口悦子選手(チェリオ)が決勝で、奥富明子選手(青梅クラブ)を熱戦の末破り、2連覇を達成!

☆女子ホープスAの表彰式
優勝した吉住誌允選手(偉関TTL)と準優勝の原澤杏佳(薄根卓球)3位の瓜生日咲選手(マイダス)宮澤真唯選手(偉関TTL)

☆男子ホープスA表彰式
賞状を受け取る優勝した、長本有生選手(早実キッズ)と、準優勝の原澤俊太選手(薄根卓球)3位の、小田悠生選手(TSIジュニア)野川駿斗選手(マイダス)

ジュニア男子
3位入賞の佐藤大雅選\手(工学院大学付属高校)を囲むチームメイト。

一般男子
激戦を制した優勝者に贈られる市長賞トロフィーとニッタクトロフィーを両手に記念撮影する・・・
Foerster G.C.選手(SPOTTO)
準優勝の合田翔一選手(SPOTTO)
3位の村上遼馬選手(Moomin‘s)坂井崇人選手(LCT)
※東京パラリンピックベスト8の竹守彪選手(TOMAX)がこの種目に出場し奮戦。準々決勝で惜しくも敗れる。

第35回 八王子市卓球選手権大会

“緊急事態宣言”解除しましたが、密防止の為、参加の確認は受付ではなく、ホワイトボードに貼り付けた、組合わせ表にチェックをお願いしました。

参加人数634名と多数の為、入館には人数制限をしながら、スタッフが誘導しました。

“健診票の提出” 1週間の健診チェックリストの提出と、検温チェックを受付で・・・

入賞者へ贈られる、「市長賞」「教育長賞」「読売賞」等。数多くの楯、トロフィーが並んでいます。

受付が終わった皆さんは、全員観覧席へ移動です。まだまだ注意が必要です! ”開始前の練習は中止!”

ご来賓の萩生田光一文部科学大臣より、ご挨拶を頂く。
「35年記念大会であり、永きに渡る大会運営にたずさわる役員の皆様に心より敬意を表します。文部科学大臣任期は今日迄であり、私にとりましても、記憶に残る大会となります。皆様にとりまして、素晴らしい1日となりますように、ご健闘をお祈りします。」

萩生田光一文部科学大臣の横で、開会の挨拶をする対間康久会長。
「このような時期に、萩生田文部科学大臣のご列席を頂き、また、634名もの多くの方々に参加して頂き、主催者として喜びに堪えません。いろいろと、コロナ対策のため、制約がありますが、規則を遵守した上で頑張って下さい。」

安藤美江競技委員長(左端)の参加選手への注意事項。 (参加者634名と多かった為、3セット2点先取方式・コートチェンジ無し等。) ご来賓の方々(安藤競技委員長右隣より)  
● 駒沢広行 八王子市副市長  
● 安間英潮 八王子市教育長  
● 伊藤祥広 都議会議員  
● 馬場貴大 市議会議員  
● 音村昭人 生涯学習スポーツ部長

大会のひとこま・・・・・ この度の試合も、東京パラリンピックの銅メダルリストやTリーグ選手など、話題の選手が多数出場。

観客席からの試合会場の全貌。
“試合の熱気が伝わってきます。”

“カデット女子決勝”はサブアリーナで、息詰まる熱戦が展開された。
優勝した藤本和花選手(丸善クラブ)と 谷津琴音選手(DEKUSHI)との白熱した決勝戦。
〇 3位 神谷琴美選手(K&Mジュニア)
〇 3位 伊藤百花選手(TSIジュニア)
「藤本和花選手は小学5年生ながら、  Tリーグ(木下アビエル神奈川)で活躍中!」

男子フィフティで優勝した、森園誠選手(ゴルベテ)
〇準優勝 若林八十二選手 (ピンポンズ)
〇3 位 小俣和俊選手 (森の会)
〇3 位 市川岳選手   (ゴルベテ)

“カデット男子準決勝”
優勝した黄塚結空選手(近藤クラブ)と3位の平山航大選手(TTC浦和)との手に汗にぎる準決勝。
〇 準優勝 齋藤舜也選手(リトルキングス)
〇 3位  倉澤遼選手 (中野クラブ)

“一般女子決勝の熱戦”
向側は優勝した松本紗陽花選手(慶應義塾大学)と、甲田志帆選手(HAMANASU)の白熱した決勝戦。
・・・松本紗陽花選手には、一般女子の優勝者に贈られる、教育長賞トロフィーが授与された。

“男子ホープスA入賞者の皆さん”
〇優 勝 山路直太朗選手(TSIジュニア)
〇準優勝 西沢凛太選手 (相模原ジュニア)
〇3 位 宮澤一維選手 (羽佳卓球倶楽部)
〇3 位 髙橋斗真選手 (リバティ)
・・・参加者が一番多い種目の優勝者に贈られる優勝楯は山路直太朗選手の手に

女子ホープスB表彰 ”頑張りましたね”
〇優 勝 武山紗子選手(相模原ジュニア)
〇準優勝 井上優選手 (羽佳卓球倶楽部)
〇3 位 新井想来選手(丸子橋卓球スタジオ)
〇3 位 鈴木彩音選手(FLAT HILL)

“女子ホープスA表彰”
女子で一番参加者が多い種目に授与される読売楯は、優勝者の村田愛心選手(みよしクラブ)に授与された。
〇準優勝 三島悠葵選手 (羽佳卓球倶楽部)
〇3 位 幾島ゆうか選手(K&Mジュニア)
〇3 位 吉岡咲選手  (マイダス)

男子ホープスB表彰”立派な戦いでしたよ“
〇優 勝 国分望夢選手 (秋川クラブ)
〇準優勝 川口陽向選手 (YOYO TAKKYU )
〇3 位 北條大和選手 (TSIジュニア)
〇3 位 小谷田迅選手 (FLAT HILL)

“ジュニア男子決勝”
手前、福井悠介選手(丸善クラブ)が激しい打ち合いの末、優勝した。向側は、準優勝の浅見昂希選手(松山TTS)
〇3位 熊谷聡介選手 (翔卓クラブ)
〇3位 櫻岡和選手  (新渡戸文化中学校)

“男子フォーティ決勝”は同志うちに・・・
優勝した篠田幸司選手(カプリス)向側と、接戦した大川貴弘選手(カプリス)
〇3位 田中貴選手  (BATSU 〇)
〇3位 相川孝介選手 (BATSU 〇)
・・・3位も同じクラブが・・・

女子サーティ3位で表彰を受ける、“東京パラリンピックで銅メダリストの伊藤槙紀選手(サラン)”
〇優 勝 小笠原優子選手 (ちょっぱーず)
〇準優勝 中村東奈選手  (馬橋フリーダム)
〇3 位 関塚昭子選手  (鶴友会)

女子セブンティ表彰式でのひとこま “お疲れさまでした”
〇優 勝 粂川せつこ選手 (相模原ベテラン会)
〇準優勝 高野富美代選手 (卓ッキーズ)
〇3 位 福田すみ子選手 (グリーンスポーツ)
〇3 位 日杢久子選手 (森の会)

一般男子優勝者 築地佑太選手(ちょっぱーず)が、表彰式後に、八王子市長賞のトロフィーを右手に持ち、記念撮影。
〇準優勝 岡本光市選手 (YOYO TAKKYU)
〇3 位 板倉大介選手 (蔦葉クラブ)
〇3 位 桜井貴史選手 (カプリス)

第4回 八王子市ジュニア卓球教室を開催

令和3年 9月5日(日)甲の原体育館にて

引率の先生方、父兄の皆様(約30名)を含め、参加者の皆さん(71名)、役員及びご来賓方(約30名)は、 「1週間の健康状態申告書」を提出し、チェックを受ける。

対間康久会長による森田侑樹コーチの紹介
「参加者の皆さんが待ち望んでいた、卓球講習会が無事に開催され、大変うれしく思います。さて、本日のメインコーチである、森田侑樹コーチは、京都東山高校から、八王子市にある中央大学のエースとして活躍した、いわば八王子と深い絆を持った選手です。シチズンに入社後は、全日本ランキング4位など、常にトップとして活躍してきました。皆様の要望が多く、昨年に引き続き、指導をお願いしました。」

駒沢副市長より来賓代表のご挨拶を頂きました。
「この様な卓球教室を定期的に開催し、卓球を通じた青少年育成に目を向けることは、非常に大切です。主催者である、シンコースポーツ並びに主管である、八王子市卓球協会に敬意を表します。」

伊藤祥広都議会議員より、激励のお言葉を頂きました。
写真 左端は、講習会開催にあたり、いろいろとご尽力を頂いた、日本卓球㈱の 市原知郷副社長です。

藤本和花選手(丸善クラブ)に ”八王子市教育長表彰”が授与されました。
毎回、この講習会に参加している藤本選手が、この度、厳しい予選を勝ち抜き、 本年12月に開催の「第30回東アジアホープス卓球大会」の日本代表となりました。教育委員会 音村部長より、「八王子の代表として、また、日本の代表として頑張って下さい!」と激励されました。

参加者全員での記念撮影
”このような時期ですので、マスクをとって30秒以内に撮影完了します!!”

第1部は、藤本貴史コーチ(丸善クラブ)による熱心な基本技術の指導。 (京都東山高校・青山学院大学で活躍。) 参加者も真剣な眼差しで聞き入る。

“真剣に練習する選手の皆さん。”

青山学院大学で活躍した、藤本由起子さん(丸善クラブ)も、参加者の皆さんに熱心な指導を・・・・

安藤美江理事長も、今日はコーチとして、初心者の参加者の皆さんに多球練習の相手を・・・・

森田侑樹講習会…ここから始まりです。
まずは、正しいフォア打ち披露。相手は京都東山高校の先輩である、藤本貴史コーチ。

初心者の参加者には、まず卓球が楽しいなぁ~、またプレイしたいなぁ~、という雰囲気作りから・・・・

中級者には正しいフォア打ち、理論に合ったバックハンド技術等、技術面を中心に、熱心に指導を・・・・
”周りは熱心に聞き入る中級者の皆さん“

上級者には、試合に臨む心構えや技術指導等、ゲーム主導権を取る指導を・・・・
★ファイナルに上級者クラスの代表である  中村泉月選手(丸善クラブ)にゲーム指導が・・・・
★参加者全員が、真剣に見守り、熱い拍手を送っていた。

今回のニッタク抽選会は、本部が全ての抽選を1回ごとに引き、参加者に手渡すという方法で行いました。抽選が全て終了したところで、最後に森田侑樹コーチより自分のシチズンのユニフォーム2着を提供したいとの申し出があり、これも抽選で2名が選ばれ、手渡された。
(スタッフも欲しがっていました。。。)

森田侑樹コーチから、参加者の皆さんにサイン入りボールが、1人1人へと手渡された。

森田侑樹コーチへ
今日は一日、有難うございました。協会理事の、高橋美香さんより、花束の贈呈が・・・・

第68回 八王子市総合団体卓球選手権大会 & 第3回八王子市オープンカデット・ホープス(団体)卓球大会

大会開催に当たり、役員一同で八王子市教育委員会より、コロナ対策の徹底したご指導とご協力を頂きました。

エスフォルタアリーナ
AM9:00開館と同時に2階入口で手指の消毒をし、175チーム(約700名)の選手が1.5メートル以上の間隔をとって並んでいる為、「なかなか進めないなあ~」との声があちらこちらで・・・。

1階入口からの入場者も、指定場所で手指の消毒をし、2階と同様に間隔をとって入場するも、こちらも、なかなか前へ進まない。

各選手及び引率者は持参した、「1週間の健康状態申告書」を提出し、チェックを受ける。 次に検温ブースへ・・・。

○ 今大会は、試合前の練習は無しで、検 温が終わった人全員が、3階の観覧席 へ直行(イスは一席おき)
○ 但し、初戦の前には、練習時間を多め に取る形にした。

“受付の密防止作戦”
組み合わせ表を拡大コピーし、ホワイトボードに貼り付けた、各チームの責任者一人だけが、自分のチーム№を確認した上で、受付に行く為、大幅な時間短縮となり、密防止が図れた。

“安藤美江理事長による、コロナ対 策を充分にとった競技内容の説明”
「175チーム・700名を超える出場者の参加になった大会の為、いろいろな変更点を解説」 安藤理事長をはさんで、向かって右側は、 石森孝志八王子市長、左側は対間康久会長。

“萩生田光一文部科学大臣” からの祝電披露
…高橋美香理事より
大臣よりのご祝辞・・・ 出場の選手の皆さんへの激励と大会役員へのねぎらいのお言葉も含められたメッセージが伝えられた。 ☆ 伊藤祥広都議(向かって右から二人目)と 馬場貴大市議(向かって右端) からも激励のご挨拶を頂く

石森孝志市長のご紹介を (向かって左から二人目)・・・  対間康久会長より(向かって左端)
石森市長よりのご祝辞・・・
「八王子市卓球協会 創立35周年記念大会おめでとうございます。  このような状況での開催へのご尽力に 敬意を表します。 選手の皆さんも充分なコロナ対策をし た上での出場により、実りのある一日と なりますように願っています。」

一斉にスタート・・・ 互いに“よろしくお願いします!!”

熱戦を展開する、総合団体チーム!

試合が始まれば、アリーナで ”ファイト“・・・ 試合が終われば観客席へ戻る。 選手の皆さん「密防止への協力ありがとうございました。」

〇「八王子オープン カデット・ホープス (団体)大会」 女子決勝は、マイダス(A)とマイダ ス(B)との同志うちに・・・ (3位には横山中とIJTCが・・・)
〇 男子もマイダス(A)がT PORTを決 勝で破り、男女総合優勝を果たした。

表彰を受ける総合団体3位入賞の都立上水高校(B)の皆さん。 (優勝はAZA・準優勝は調布東クラブ)

総合団体 男子決勝は大接戦に・・・ SPOTTO ③ - 2 チーム背水の陣巧也

その決勝を制したSPOTTOの皆さん (優勝おめでとうございます。)

第3回八王子市ジュニア卓球教室を開催

令和2年 11月22日 甲の原体育館にて

おはようございます。 「健診リストの提出をお願いします。」 「氏名・住所・体温が正しく記入されているか?確認しています。」

非接触型体温計にて検温を・・・ 「異状なくて良かった!」

手指消毒も全員が「やってます!!」

森田講習会の前は地元の指導者(元の名選手)たちが熱心な指導を行った。 (左から順に、安藤美江コーチ・ 藤本貴史コーチ・佐藤孝寿コーチ)

対間康久会長より・・・ シチズンでエースとして活躍し、現在は名門チームのコーチである森田侑樹コーチの現役時代の実績を紹介。(平成27年度全日本総合ランキング4位。全日本選手権ベスト8 全日本社会人準優勝などなど)・・・。

会長あいさつ・・・ 本日は高体連の試合や中学生の近隣の大会とも重なりましたが、各学校やクラブのご尽力により、我々が当初の目標とした参加者数・・・「密防止のため多くても70名。しかし、卓球熱を下げないため、最低でも70名」 その目標に「ドンピシャ!」となりました。参加者とその関係者に感謝です。

開会式に整列した来賓の方々。 (右からシンコー大野支店長、 伊藤祥広都議  教育委員会音村部長・清水課長、  ニッタク市原副社長)

スポーツ振興に情熱をかたむける 伊藤祥広都議会議員から 主催であるシンコースポーツ並びに主管である八王子市卓球協会に激励の言葉を・・・。

参加者全員での記念撮影

「フォア打ち」「バックハンド」など基礎練習に当たり、まず模範演技を披露。 相手のトレーナーは森田侑樹コーチの高校(京都東山高校)の大先輩である藤本貴史コーチが・・・

上・中級者全員とセットオール・8-8を想定した、ゲームを。・・・皆んな喜んでました。

初心者には、卓球を好きになってもらう様に優しくていねいに・・・

上級者には、試合を制する技術や心構えを・・・

森田コーチから、参加者の皆さんにサイン入りボールが、1人1人へと手渡された。 握手したいけどエアータッチで・・・ 【ちょっと残念】

ニッタク抽選会で、当選した出場最年少の選手に、同じ目線に立ち賞品を手渡す、森田さん。「すごいなー こういう所が!!」参加者から 多くの声が!!皆さんに愛されるチームで育ち、みんなに応援される選手であった森田さん、皆に信頼される指導者への道を一直線に・・・・

森田さん、今日一日有難うございました。 参加者を代表して、丸善クラブの藤本和花さんからの花束プレゼントが・・・ ★和花さんは、本日のコーチで活躍した  藤本貴史・由起子夫妻の長女です。

第34回八王子市卓球選手権大会

『まず、受付で』 「連絡先および健康状態申告書」を提出 異常のない選手、コーチが「次の参加者自己申告ボード」へ・・・

『受付時の3密防止』 ホワイトボードに種目別の組合せを拡大コピー。 各チームの責任者が出場者や棄権を自己申告。

『会場に入る前に検温して入場』

『対間康久会長あいさつ・・・』 皆様に久しぶりにお会い出来、しかも 922名と多くの方にご参加頂き、大変嬉しく思っています。役員一同厳しい 環境のなか、この日の準備をいろいろ 進めてきました。今日は選手の皆さん と役員が一致団結して、素晴らしい大会にしていきましょう。

『伊藤祥広都議から来賓代表ご挨拶・・・』 すごい参加者です。これだけスポーツの再開への期待が大きいのを改めて感じます。萩生田光一文部科学大臣から、皆さんへの激励の言葉を預かって参りました。 ※右端より2人目はすでに来賓代表ご挨拶頂いた駒沢広行副市長・・・ 【八王子市及び教育委員会から、いろいろとコロナ対策のご指導、ご協力を頂きました。】

『参加者922名という想像を超えたマンモス大会となった』 男子シックスティは元世界選手権で活躍した坂本憲一選手(COLOR)が3連覇を達成。 一般男子はTリーグで活躍している柏竹琉選手(早稲田大)も出場。 なお、参加者188名の男子ジュニアは二井原有真選手(丸善クラブ)が優勝し、読売楯を獲得。 女子の読売楯はカデット女子優勝の中村泉月選手(丸善クラブ)が野々口彩乃選手(すぽたまJR)を破って獲得。

サブアリーナでは年代別を中心にレベルの高い試合が続出

メインアリーナで躍動するガデット・ホープスの選手たち

試合終了後には、マイ・コートをていねいに消毒(コロナ対策)。 選手のみなさん 「ご協力有難うございました。」

女子ホープスB優勝の瓜生日咲選手(マイダス)の熱戦

●(市長杯)一般男子決勝は早稲田大学の同士討ちに・・・   岩永宣久②-1松本累 ●(教育長杯)一般女子決勝も東京富士大学の同士討ち 松岡優香②-0李楠

表彰式のひとこま

読売楯争奪 第28回八王子オープン卓球選手権大会

第28回八王子オープン卓球選手権、541名が出場してくださり、大盛況です。受付の役員も大忙し!選手の皆さんも順番待ちで大変です!

試合前の練習風景、ジュニア、カデット・ホープスの有望選手が”いっぱい”。これらの種目の優勝者には、立派な読売楯が特別に授与された。

開会式に臨み役員一同が整列を・・・

開会式に臨む、ご来賓の皆様。左より、石森市長、馬場市議、安間英潮 教育長、小山生涯学習スポーツ部長、佐藤課長。

対間康久 会長による開会挨拶。「選手の皆さん頑張ってください!いろいろな方のご尽力により、今回も盛大に大会が開催されますこと、この場をお借りし、御礼申し上げます」

石森孝志 市長より来賓代表のご挨拶。「選手の皆さん頑張ってください!役員の皆さんご苦労様です!スポーツによる明るく活発な街づくりを・・・」

馬場貴大 八王子市議が、八王子市として初の大臣に任命された萩生田光一文部科学大臣の祝電を代読。「公務で京都にいる為、残念ながら参加できません。選手の皆さん頑張ってください。役員の皆さんのご苦労に感謝いたします。」

安藤美江 理事長による協議上の諸注意が・・・「怪我に充分注意し、熱戦を期待します」「内容の細部について、佐藤孝寿 審判長が詳しく説明します」

メインアリーナでは、一般男女、ジュニア男女、カデット男女、ホープス男女が熱戦を展開。

サブアリーナでは年代別の選手が・・・。殆どの選手は名の知られた人ばかり・・・従って熱戦の連続に・・・。

第2回 八王子市ジュニア卓球教室を開催

令和元年 5月6日 甲の原体育館にて

開講式にあたって、八王子市教育委員会・安間英潮教育長からの挨拶

八王子市卓球協会・対間康久会長より、参加者を激励

この教室の先生方の紹介ー左から、渡辺勝男コーチ、佐藤孝寿コーチ(トム・ジュニア)、藤本貴史コーチ(丸善スポーツ)、一人おいて長尾健太郎コーチ(八王子卓球スクール)

今回の参加者は、カデット・ホープスの東京代表を中心に、上、中級者を対象として行われた

講師による熱血指導を参加者たちは熱心に学んだ

講習会の特別ゲストとして参加した、中央大学の田中愛弥香選手と中村貴莉選手

「市長杯・教育長杯争奪 八王子市卓球選手権大会」の試合のひとこま

試合前の練習風景 参加者536名

参加者を前に、大会に出場した笹尾明日香選手(早大)へ激励の挨拶をされた、駒沢八王子副市長(笹尾選手は、今年度7月3日からイタリア(ナポリ)におけるユニバーシアードに出場する代表の選手です。)

笹尾選手(早大)と準々決勝で対戦した、竹内嘉菜(中大・全日本ジュニア 16)も、熱戦を展開

優勝した岩越帆香選手(早大)は、準々決勝で伊藤佑希子選手(中大全日本ジュニア8)を破る。

一般女子決勝は、笹尾選手(早大)と昨年のインターハイ2位の岩越帆香選手(早大)との息づまる熱戦の結果、2対2フルセット15-13で岩越選手が優勝

一般男子決勝も同校対決。小野寺翔平選手(中大・東京選手権ジュニア2位)が、吉田俊暢選手(中大・全日本ジュニアベスト32)をフルセットのジュースで破り、優勝。
*この試合の審判は、東京選手権ジュニア優勝をした、浅津碧利選手(中大)でした

第27回八王子オープン卓球選手権大会

対間会長の挨拶。八王子オープン27回の歴史で、参加者数が681名で2番目となる 大きな大会になった事に対する、参加選手並びに応援して頂いた方々に対する感謝の辞を。

超多忙な為、開会式前に選手を激励する、萩生田光一衆議院議員と伊藤祥広都議会議員。

八王子市より、駒沢広行副市長・安間英潮教育長よりご挨拶を…。
司会─渋谷ひろ子副理事長
……聞き入る、早川美子理事長・植松秀子副理事長・浜端照子理事。

森東代子審判長あいさつ。
神妙に聞き入る、渡辺勝男副会長・長尾健太郎本部長・佐藤孝寿理事の皆さん。
右側は、駒沢副市長・安間副市長・瀬尾部長。

参加者681名が、朝、練習を始めると、会場は凄い熱気と迫力が……。

第26回八王子オープン卓球選手権大会

【メインアリーナ】第26回八王子オープンの試合風景

【ジュニア男子】試合風景

【一般男子決勝】宮本幸典(中央大)3-0矢野雅大(法政大)

【女子セブンティ決勝】出村枝里子(立川花組)3-1城所アツ子(船田TC)

【ジュニア女子決勝】矢島采愛(妙力堂)優勝の表彰式

【女子フォーティ決勝】林華子(NICE)3-0川原晴恵(NICE)

【一般女子決勝】瀬山咲希(中央大)3-1伊藤佑里子(中央大)

【女子フィフティ決勝】岸雅江(美鷹クラブ)3-2堀越浩子(楽卓会)

【男子シックスティ決勝】具志堅一(ピンポンズ)3-0池田彰(大正同好会)

【男子サーティ決勝】駒田隆明(一番星)3-0指田宏昭(ピンポンズ)

第24回八王子オープン卓球選手権大会【一般男子・一般女子は昨年の全日本選手権出場者がびっくりするほど出場】

一般男子・一般女子は昨年の全日本選手権出場者がびっくりするほど出場

女子優勝-全日本学生Sベスト16の前瀧初音選手(東京富士大)

女子2位-関東学生W3位の林めぐみ選手(東京富士大)

女子3位-全日本Sランク16,全日本学生S3位の山本怜選手(中央大)

女子3位-関東学生Sチャンピオンの池上玲子選手(東京富士大)
ベスト8-全日本学生W2位の鷲塚桃子選手(東京富士大)
ベスト8-全日本学生Sベスト16の伊藤祐里子選手(中央大)

ベスト8に全日本学生Wチャンピオンの高橋結女選手(早稲田大)

ベスト8に関東学生W2位の後藤奈津美選手(東京富士大)

ベスト16に全日本学生Sベスト4の佐藤風薫選手(早稲田大)

ベスト16に山口国体優勝の立役者永田彩夏選手(中央大)

第24回八王子オープン卓球選手権大会【西村卓二オリンピック監督が試合途中で卓球教室を開催】

新体育館創設1周年記念事業を試合途中に卓球教室を開催

講習前に西村監督を激励にかけつけた石森市長と主催者の対間会長と3ショットで・・・

全日本カブ東京代表の西村選手(Hachitaku)の技術に西村監督もびっくり

オリンピック代表監督の熱心な指導に子供達も真剣なまなざし

シニアの強豪女子選手も楽しい指導に大喜び

西村監督のトレーナーは中国ナショナルチームのリュウティンティン夫妻が中国から来日

熱心な指導にベテラン選手も子供達も”さすがオリンピック監督”と絶賛の声

日本リーグ・日学連対抗ドリームマッチ

日野卓球部として岩崎が日本リーグ実業団連盟より選抜され、「日本リーグ・日学連対抗ドリームマッチ」に出場しました。

日本リーグ・日学連対抗ドリームマッチに出場した岩崎選手

第23回八王子オープン卓球選手権大会【石川佳純選手が来場】

サブアリーナにて同時開催した“石川佳純卓球教室”…対間会長よりオリンピック銀メダリストの紹介

参加選手に1人1人握手を

世界の石川佳純が模範演技を…トレーナーは日野自動車の高羽選手

石川佳純を囲み、左に萩生田官房副長官、右に石森八王子市市長と主催者対間康久会長

石森市長も講習会に飛び入り参加…

石森市長より“歓迎あいさつ”

多くの観客の前で“石川佳純卓球教室”を…

当日はサブアリーナだけで1300名を超える人が…

Page 1 / 212
PAGETOP
Copyright © 八王子市卓球協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.